業務内容

就業規則作成・見直し

就業規則(給与規程、退職金規程、パート社員就業規則等の付属規程を含む)は、事業主と全従業員との契約書です。
職場において、従業員個人との個別労働契約より優先される、とても大切なものです。よって、就業規則は労使紛争発生時等には最も重要な証拠の一つとなります。いざというときに備え、就業規則の整備は万全にしておきましょう。
また、常時10人以上の労働者を使用する事業所は、就業規則を作成し労働基準監督署へ届け出なければなりませんが、たとえ10人未満の事業所であっても就業規則の整備をお勧めします。
TMCグループは、年間約100件(2010年8月現在)の就業規則作成実績をもとに、業種、規模、勤務形態等に応じて、その事業所の実態に沿った就業規則作成をサポートします。
すでに就業規則が整備されている事業所様についても、労働関係諸法令はめまぐるしく改正されますので、定期的な見直しをお勧めします。

就業規則作成の基本的な流れ
01.現行就業規則診断
02.現況聞き取り
03.たたき台作成
04.修正案作成
05.完 成
06.代表者承認
07.従業員へ周知
08.労働基準監督署へ届出
2週間~3ヶ月間

料金

就業規則全面変更 108,000円~
就業規則一部変更 32,400円~
就業規則関係相談 初回無料
現行就業規則診断 無料

※上記の料金は目安となり事例により変わりますので、詳しくはお問い合わせください。